The Days of Treasure

akiringの日々いろいろ

キハ183系 ミッドナイト


こんばんは、akiringです。


今宵も夜更かし上等であります。


今宵紹介致しますのはコレ。


オデコの前照灯がチラッと見えていますが…



TOMIX キハ183系 復活国鉄色であります。



俺の心のやわらかい部分を鷲掴みにする"限定品"の文字が誇らしげです。



キハ183系は北海向けに開発された特急形気動車で、キハ82系の後継車として


1979年に登場した形式であります。


登場時は標準的なクリーム4号に赤2号の帯をまとった国鉄標準特急色でしたが、


500番台の登場時に塗装が変更され、標準色は一旦姿を消しました。


しかし2001年に函館運転所の臨時用0番台4両が国鉄標準色として復活したのです。


それがこの今回の限定品であります。



先頭車キハ183の側面にはJNRマークが復元されています。



今回のセットには4種のヘッドマークが付属しています。


左から「オホーツク登場50周年」「ミッドナイト」「利尻」「リレーとかち」。


床下のレバーで交換が可能となります。



セットは実車を再現した キハ183 1 + キハ182 1 + キハ182 2 + キハ183 2 の4両編成。


車番は印刷済みで、キハ182 1 がM車、キハ182 2 がT車となります。


キハ182 2 の車番だけ実車同様字体が異なるところまで再現されています。


写真は整備後の状態でTN化工事を施しています。



とりあえずヘッドマークは"ミッドナイト"としました。


"ミッドナイト"は青森~函館~札幌間の夜行急行"はまなす"の補佐的役割で


青函トンネル開業の夏に誕生した函館~札幌間で運用された夜行快速であります。


もともとキハ27で運転されていましたが、車両の老朽化が激しかったこともあり、


2000年に使用車両がこのキハ183系になりました。


その後利用者減に伴い臨時化され、2002年のダイヤ改正で"ミッドナイト"は


廃止となってしまったのでありました。


この国鉄復活色のキハ183系は2010年11月の引退まで国鉄色のまま活躍しました。



キハ183のトップナンバー。



気動車でありながら分割併合を前提としない先頭車は非貫通で高運転台を採用。


着雪を防ぐ目的で直線と平面で構成された前面形状は「スラント形」と称されます。



屋根上もそこそこリアルに再現されています。


キハ183の天井ファンの造形は萌えます。♪



キハ182の床下には汚物タンクを設置しました。



TN化工事を施せば、ほぼほぼHG仕様となります。


以上、ミッドナイトに"ミッドナイト"のご紹介でありました。



おやすみなさい。 (´∀`*)ウフフ ♪



春の三岐鉄道


今日は午後からお馴染みの三岐鉄道三岐線で撮り鉄してきました。


コロナウィルスの心配もありますが、クルマで出かけて誰とも会わずに鉄分補給が


楽しめるのは田舎のいいところであります。



春の三岐鉄道はまたイイのであります。


今の桜の時期から田植えの頃くらいまで沿線の雰囲気が好きです。



今日も赤電を撮影してニヤニヤしていました。♪



三岐鉄道カラーはローカルな雰囲気にマッチします。



お気に入りの西武色が入ってまいりました。



赤電とは塗装が違うだけで全然印象が違います。



保々駅でEDと並びました。


背後に見える高架は新名神であります。



近鉄富田で折り返し西藤原へ向かいます。



日曜日ですが貨物輸送していました。


吊りかけ式サウンドが心地好く響きます。


(´∀`*)ウフフ ♪



485系 しらさぎ


こんにちは、akiringです。


今日の名古屋は晴れていますが風が強いです。


さて、5月に予定されていました我らが房総鉄道の走行会が


憎きコロナウィルスの影響で延期ということになりました。


誠に残念ではありますが、こればかりは仕方のないことであります。


事態の早期終息を願うばかりであります。


さて、今回のネタは485系であります。


485系は鉄道に興味がないという人でもなんとなく知っているというくらい有名な


国鉄時代を代表する特急車両であります。


国鉄時代とは言ってもJRになってからも長く運用されていた形式であります。


細かく言えば481系や483系、489系なども語りたくなりますが我慢です。



ウチの485系はボンネット型(初期形)の"雷鳥"として8両編成で入線しました。


食堂車サシを含む編成で、クハの側面にはJNRマークが入る国鉄仕様であります。



入線してスグに踏切事故で片側のクハが廃車となってしまいましたが、


埼玉の鉄道博物館に展示されているクハ481 26を模型化した車両を編成に組み込んで


運用に復帰したというエピソードがあります。


写真手前がクハ481 26で、若干塗装に艶があり、側面JNRマークにも差異があります。


運用に復帰した際にヘッドマークは"雷鳥"から"しらさぎ"に変更されました。



国鉄時代は食堂車を編成に組み込んで運用されていましたが、後に廃止されました。


寝台列車"北斗星"や"トワイライトエクスプレス"の食堂車スシに似ていますが、


スシはこのサシを種車として改造されたものなのであります。



後に300番台、非貫通顔のクハ481を含むモハ2両とサロ1両を増備して、


混成編成として運用することも行っています。



今回クハ481の連結器カバーを変更しました。


JR西日本でよく見られた形状であります。



先頭台車には313系用のスノープラウをブラックに塗装して取りつけました。



子供の頃に慣れ親しんだ国鉄の特急電車と言えばやっぱりコレであります。♪



今回モハ484の屋根上に色を入れました。



交直流電車らしい屋根上に興奮します。 (´∀`*)ウフフ



別部品で再現された屋根上部品に色を入れるだけでかなりリアルになります。



初期形と後期形で屋根上に差異が見られます。(手前が後期形)



グリーン車サロも初期形と後期形で差異が見られます。



ボンネット顔と非貫通顔が混成した編成を幼少期は楽しみにしていた記憶があります。


それを模型で再現です。 (´∀`*)ウフフ



食堂車サシを抜いた国鉄末期の9両編成を再現することもできます。


(*´ω`*) ♪