The Days of Treasure

akiringの日々いろいろ

381系 スーパーくろしお リニューアル編成

いろいろありました上半期でありますが、そんな自分を労うかのように


KATOから待望の車両が発売されましたので"自分へのご褒美"として入線となりました。



ドーン!


381系 スーパーくろしお リニューアル編成であります。


実車は既に引退していますが、このタイミングでの発売はうれしいものであります。



基本6両編成を予約していましたが、やはり増結3両も欲しくなりまして、


発売日に仕事が終わってからお店に急行したところ売り切れとなっていました。


しかし欲しくなったらもう止まりません。


もうひとつの馴染みのお店に電話をしたところ、2セットだけ在庫を持っていましたので


高速を法定速度でブチかまして取りに行ってきたというエピソードを持ち合わせます。


京都、新大阪~白浜までは3両増結しての9両編成で運用される列車もありました。


やはりせっかくなのでその9両編成を再現したいと考えるのは当然のことであります。


ちなみにこの381系のリニューアル編成はTOMIXからも製品化されていますが、


6両編成のみという構成で、増結される3両編成は製品化されていません。


製品の出来栄えで言えばどちらのメーカーも素晴らしいとは思いますが、


今回ネットなどでちょっとザワザワしているのがオーシャンカラーとも呼ばれる


その車体の塗装色の問題であります。


これは賛否あるかと思います。


確かに今回発売されたKATOの商品は、ちょっと青が強いような気もします。


色で言えばTOMIX製の方が実車に近いようにも思えなくもない気がします。


更に言えばマイクロエースから製品化されている283系"オーシャンアロー"と並べると


その色の違いはなかなかのものであります。


しかしながら実車も結構色のバラつきはありましたし、いいのではないでしょうか。


自分はそれほど気にしていません。



新宮側の先頭車に連結されるパノラマグリーン車のクロはなかなかの男前であります。


幕は"スーパーくろしお"が標準ですが、付属の"くろしお"に交換しました。


晩年は"スーパーくろしお"は廃止されて"くろしお"に統一されています。



クハは2種類の顔が楽しめます。


左が9両編成となる場合に中間車となる500番台。


6両基本編成の場合、標準では電連つきダミーカプラーが取付られていますが、


3両編成を増結するためには付属のスカート一体のBMカプラーに交換します。


電連は付属されていませんが、285系"サンライズ"用の電連を黒く塗装して流用です。


若干物足りませんが、まぁ~こんなもんでしょう。


ちなみに写真右は9両編成時の白浜止まりの先頭クハです。


ダミーカプラーで電連はなく、スノープラウが装備されています。


この2両もマークは"くろしお"に変更しています。(専用ハンドルで回転式)



3両増結時の7号車となる部分の妻面は貫通ドアが塞がれています。


これは連結するクハの全面が非貫通型のためで、9両編成での運用時は6号車と7号車は


行き来ができなくなっていました。


ちなみにこちら側のカプラーにも電連を取付。



てなワケでこんな感じの連結面を再現することができます。



この編成ではパンタを持たないモハ381がM車となります。



同じ381系のパノラマグリーン車と言えば"しなの"です。


種車は同じですが全くの別モノであります。


"しなの"は引退まで特急標準色を貫きました。



"くろしお"編成の方が前面に連結器を備えますがシャープな印象。


"しなの"編成は連結器をカバーに納めますが、ずんぐりむっくりでブサカワイイ感が。



4号車にはパンダシートがありました。


セットにはそんな4号車用にパンダイラストが収録されています。



せっかくなので381系をならべてみました。


左から"しなの"、"やくも"、"くろしお"であります。


"しなの"は1995年に引退、"くろしお"は2015年に引退しましたが、


"やくも"は現在も現役であります。


"やくも"にもパノラマ車両が存在しますが、2両しかなく希少な存在。


KATOから"パノラマやくも"も模型化はされていますが、品薄状態がつづいています。



その昔485系が"くろしお"として運用されていたことがありますが、


"北近畿"用に転出した代替えとして"やくも"の編成短縮で捻出した編成が"くろしお"に


転入しましたが、"くろしお"から引退した一部の381系は仕様変更工事が施されて


"やくも"として運用されていたりします。


381系"くろしお"は新宮や紀伊勝浦でキハ85系"南紀"と、新大阪や京都でその昔


1日1往復していた383系"ワイドビューしなの"とならんだりもしました。


いろいろなシーンを再現することができる車両なのであります。


(´∀`*)ウフフ ♪



諦めたらそこで試合終了


"やまない雨はない"とか"明けない夜はない"なんてよく言いますが、そりゃそうです。


はい、こんばんは、akiringです。


只今かなり心が荒んでおります。


気がつけばもう7月、下半期に突入であります。


おかげさまで28日の日曜日も仕事となりまして、今月のお休みは泡のように


消えてなくなってしまいました。


人間やはりお休みがないといけませんねぇ~。


メンタルが崩れて志向が歪みろくなことがありません。



月曜日の朝に馴染みのガソリンスタンドのお兄ちゃんに「あれ?疲れてます?」


なんて言われちゃったりしてるようではいけません。


しかし会社のデスクの上に誰かが栄養ドリンクをそっとしのばせてくれていたり、


まだまだ捨てたもんじゃないなぁ~なんて思いながらも、いや待てよ、


もしやコレはドッキリなのではなかろうか、もしくは毒でも入っているのでは…


なんてそんなことを考えてしまう自分は本当に愚か者なのであります。



そんな時、安西先生のあの「諦めたらそこで試合終了」という言葉が出てきます。


高校時代にハマっていたスラムダンクに出てきたワンシーン。


安西先生が三井にかけた言葉であります。


そう、諦めたらそこで試合終了なのかも知れません。


しかし、最近は諦めることも実は大事なのではなかろうかと思えることもあります。



こんな時はのんびり森林浴でもしながら、小鳥の歌声にでも耳をかたむければ


少しは心も安らぐのではないかと思いながら、洗ったばかりの愛機にくらった幾発の


フンを見て"ブチ落として焼き鳥にしちゃるぞぉっ"なんてことを口にしたりして…



そんな時、自分を救ってくれるのは、やはり鉄道と担々麵なのであります。



辛い物を食べることでここ最近はストレスが解消されると信じています。


搾菜がいっぱい入った"ごま麺"の搾菜担々麵(だんだんめん)は歯ごたえもよく美味。



名店"はなび"の元祖台湾まぜそばは特にこの時期食べたくなります。



一気に食せば麺鉢の底にこんなメッセージが出てきます。


そう、こうして自分は元気を取り戻していくのであります。



軽く走行会


こんばんは、akiringです。


日曜日の仕事も夕方には終わり、短いながらもようやく自由な時間が手に入りました。


とは言え養老鉄道まで写真を撮りに行くにはちょっと時間も遅いことだし、


とりあえず帰宅して小腹が空いたので菓子パンをつまみながら気がついたら…


寝てました… ( - ω - ) zzz


さすがに疲れてるのかなぁ~… (;´∀`)



養老鉄道までお出かけするのはまた今度までの楽しみとしまして、


自宅レイアウトで軽く走行会を行うことにしました。


養老鉄道7700系"緑歌舞伎"編成と"赤帯"編成をならべてみます。♪


「大垣」行きと「桑名」行きの離合です。


養老鉄道は交換駅を除いて全線単線ですが、複線を走らせて離合を楽しみます。♪



つづいて撮影会です。


"緑歌舞伎"のカラーリングがなんとも萌えます。



サザエさんをバックに撮影です。w



"赤帯"もキュンとします。♪



"赤帯"編成は側面に帯が入っていないのでまた違った雰囲気がイイです。



またゆっくり養老鉄道に撮り鉄に行きたいですねぇ~。


(´∀`*)ウフフ ♪



オマケです。


EF58 157が牽くスロ81系を走らせてみました。


車間短縮ナックルカプラーとTNナックルカプラーの連結に問題はありません。



323系電車の10両編成運用も始まりました。w


短い時間でしたが楽しめました。 


(´∀`*)ウフフ ♪