The Days of Treasure

akiringの日々いろいろ

683系 リニューアル車

JR西日本の数ある車両の中でも683系は大好物であります。


683系は"雷鳥"などで使用されてきた485系の置き換え用として登場した


681系の増備車として2001年3月から運用が開始されました。


681系と683系は車両単位での連結はできませんが、編成単位での連結は可能で、


681系と683系が連結して運用される姿を見ることができます。


"しらさぎ"で使用されていた683系2000番台は現在直流改造されて289系に改番され


"くろしお"として運用され、"しらさぎ"は現在681系が使用されています。


そんな683系ですが2015年1月にサンダーバード用の683系177両に


リニューアル工事が施されることが発表されましたが、後にサンダーバード用の


681系も含めた全車がリニューアルされることになりました。



写真は約1年前に北陸本線の敦賀駅にて撮影したものです。


リニューアル工事では外観の塗装変更と車内設備の向上が図られました。



それまでのイメージは残しつつのリニューアル工事に好感が持てます。


前面は非貫通顔、貫通顔共にブラックアウトされブルーのラインが追加されました。



側面は窓まわりをブラックアウトしてブルーのラインが太くなり


大きな窓が更に強調されました。


サンダーバードのシンボルマークも新しくなりました。



リニューアル工事前の姿もイイですが、リニューアル工事後の姿も尚イイですねぇ。



新旧混結編成も見られました。


そんな683系のリニューアル車でありますが…



ドーン!


この度入線となりました。


増備と言った方がしっくりとくるのかも知れません。



新旧の683系を並べてみました。


写真右がリニューアル車です。



やはり塗装が違うと印象は違いますねぇ。


ちなみに貫通顔のカプラーはフックなしタイプに交換しています。



側面のシンボルマークもイイ感じです。


ジャンパホースはE259系用の車間ダンパーをカットして流用しています。



今回入線に伴いリニューアル車と既存リニューアル前の両方の非貫通先頭車に


スノープラウを取り付け致しました。


TOMIX製の部品を加工してゴム系接着剤で固定しました。



以上、683系リニューアル車のお話でした。


(*´ω`*)