The Days of Treasure

akiringの日々いろいろ

長野色


E353系の入線に伴い長野方面の車両が気になり出しました。


ウチには115系長野色が在籍しています。


サハのみあえて国鉄色として混色運用を楽しんでいます。


そして今回新たに入線となったのが…




ドーン!


211系3000番台です。


3000番台は3両編成でロングシートを採用します。


ウチの211系はこれまでTOMIX製で統一してきましたが、


今回はじめてKATO製としました。




スノープラウを兼ねた強化スカートを採用した顔。


幕も点灯します。


渡り板が別バーツで表現されています。


とりあえずのところ他編成との連結は予定していないので


雪対策ということで連結器カバーを装着。




基本的には古い金型を使用していると思われますが


出来はそれほど悪くはありません。


細かな印刷まで綺麗に表現されています。


車番は印刷済みでトップナンバーです。




パンタはシングルアーム式。


ベンチレーターは屋根と一体。




中間カプラーは台車マウント式のJPを採用。


ホロの表現はありませんのでゴム系接着剤で後付けします。


床下汚物タンクは台車マウント式で表現。




長野色と言えば一時行方不明となっていたE127系も無事に発見されました。




長野の車両も楽しいですねぇ。


211系は普通 松本行きにしました。


(´∀`*)ウフフ


E353系


こんばんは、akiringです。


写真は去年5月に中野駅で撮影したE353系です。




真新しい車両が目の前を通過していきました。


中京圏では見ることのない個性的で斬新な車両に


一目惚れをしてしまいました。




9両の基本編成に3両の付属編成が連結した12両編成は迫力満点。


夢中でシャッターを切りました。




あれから約1年が経ち、ついにこの時がやってきました。


そう、KATOからE353系が発売されたのであります。




基本セット4両に増結セット5両を加えると基本9両編成となり


付属3両編成をそこに加えると12両フル編成が完成する。


全てをそろえると車両ケース2ケースにきれいに納まるようになっている。




1号車と12号車の先頭は連結器カバーを取り付けた状態のダミーカプラー。


3号車と4号車の先頭にはBM式密連形カプラーを装備する。


電連は別部品でユーザー取り付けとなる。




なかなかの出来栄えに感動。


塗装も綺麗です。




中間カプラーはBM式。




車間は広すぎず狭すぎずのまぁまぁ。


パンタはシングルアーム式。




屋根上のクーラーは2色で表現されています。




台車もしっかりとつくりこまれています。


車輪は黒車輪。




号車番号や車番は印刷済み。




早速運用開始です。


(´∀`*)ウフフ