The Days of Treasure

akiringの日々いろいろ

特別なトワイライトエクスプレス


こんばんは、akiringです。


3連休だったという人も多かったようですが、残念ながらそうはいきませんでした。


朝晩はすっかり涼しくなりましたねぇ~。


少しだけ秋を感じます。



台風の影響で時折雨がふったりもしましたが、3号機のワイパーのヒューズが


いきなりプチンと切れてしまいました。


雪や氷でワイパーに負荷がかかったワケでもないのに困ったものです。



仕方なく予備のヒューズに交換しました。


缶コーヒーを買ったら銭形警部と目が合いました。



帰宅後たまっていた内職作業に取りかかることにしました。


大量のTNカプラーが作業をまだかと待っています。


入線してからそのままになっていた車両の数々。


そんな中でもなかなか後回しになっていたのが…



E235系山手線車両であります。


11両編成と予備T車1両を含む12両のTN化はなかなか面倒であります。


しかし面倒な作業の先には萌える車両間隔が待っています。


そしてもう一つがコチラ。



ドーン!


深緑の車体に黄色の帯を1本締める24系25形


"特別なトワイライトエクスプレス"であります。


1989年7月に臨時寝台特別急行列車として登場した列車で、


大阪~札幌で運行されました。


北海道新幹線開業に伴う青函トンネルの電圧変更や、北陸新幹線開業に伴う


北陸本線の第三セクターへの移管など様々な要因から2015年3月に惜しまれつつ


廃止となりましたが、同年5月から翌年3月まで編成を組み換えて8両編成で


"特別なトワイライトエクスプレス"として団体臨時列車として運行されました。



昔10両編成の旧製品を保有していましたが、この度ご縁がありまして


再びの入線となりました。



塗装印刷もしっかりと再現されています。


車内は液晶テレビまで再現されています。



カニ24は車内のディーゼル発電機まで再現されています。



カプラーは全てTN化し、床下汚物タンクはPZ106を使用して再現しています。



食堂車のスシ24は北斗星同様テーブルランプが点灯します。



牽引機は先行してサロンカーなにわを牽引するために入線していたEF81。


ようやく本命のトワイライトエクスプレスを牽引することとなりました。


トレインマークはマグネット脱着式としています。



そしてもう1機。


"特別なトワイライトエクスプレス"と言えば下関のEF65であります。


こちらはトレインマークをゴム系接着剤で固定しました。


(´∀`*)ウフフ